株式会社ヒューマネージ

T4 アイコン

エンゲージメント適性検査 T4

『T4』は、仕事へ「のめり込む力」を見極める
新しい視点のアセスメントツールです。

背景

社員のパフォーマンスを最大限に引き出したい。その答えは、「エンゲージメント」にありました。

同じ社員でも、ストレスを感じずに夢中になれる仕事と、常にストレスを感じてしまう仕事がある…。高いパフォーマンスを発揮できる仕事と、発揮できない仕事がある…。最近、企業の人事担当の方から、このような声が多く寄せられています。「好きこそものの上手なれ」といわれるように、のめり込むこと(=エンゲージ)ができる仕事には、ストレスなく高いパフォーマンスを発揮することができます。このような考えから、エンゲージメント適性検査『T4』は生まれました。

目的

『T4』は、仕事へ「のめり込む力」と「どのような仕事にのめり込むことができるか」を見極めます。

いま、企業が持続的に成長していくためには、企業のDNAを担っていけるコア人材を採用できるかどうかが、重要なカギとなっています。このような、人材の質を重視する“厳選採用”下においては、新卒採用の時点から、「入社後に最大限のパフォーマンスを発揮できる人材かどうか」を見極めることが大切です。そのために不可欠なのは、エンゲージメントという視点。エンゲージメント適性検査『T4』は、各々の「仕事へのめり込む力」と「どのような仕事にのめり込むことができるか」を見極めることができる新しい視点のアセスメントツールです。

特徴

『T4』は、その人がのめり込むことができる仕事を科学的な方法で測定します。

実は、人それぞれに「仕事へのめり込む力」と「どのような仕事にのめり込むことができるか」は異なります。『T4』は、仕事のタイプを「スペシャリスト」「プロフェッショナル」「チームオペレーション」「プロジェクト」の4タイプに分け、被検者がのめり込むことができる仕事を科学的に導き出します。

活用

『T4』は、貴社の採用戦略に合わせて様々な活用が可能です。

『T4』は『A8(コンピテンシー適性検査)』 『G9(コーピング適性検査)』『W8(チーム・コミュニケーション適性検査)』などと組み合わせることで、さらに多角的な視点からより理想的な人材の選考を行うことが可能です。