株式会社ヒューマネージ

P8 アイコン

ハピネス適性検査 P8

ポジティブ・サイコロジーに基づいた「仕事に幸せを感じる力=ハピネス」を測定し、持続的に高いパフォーマンスを上げられる人材を見極めます。

「会社が自分に何をしてくれるのか」など、外から与えられる要因に対する満足度ばかりを重視する人材ではなく、自ら能動的に働くことで得られる幸福感を重んじる人材こそが、高いパフォーマンスを長期的に発揮できる人材です。『P8』は、ポジティブ・サイコロジー*に基づき「仕事に幸せを感じる力=ハピネス」を測定し、持続的に高いパフォーマンスを上げられる人材を見極めます。

*ポジティブ・サイコロジーとは。
昨今、注目されている「ポジティブ・サイコロジー」(心のポジティブな側面に着目した心理学)は、経済的・物質的な外的要因の豊かさだけでなく、精神的な内的要因の豊かさをめざすことで、人間の“幸福度”を高めることをめざしています。ハピネス適性検査『P8』は、「ポジティブ・サイコロジー」の考えに基づき開発されました。

背景

優秀なはずなのに、仕事にいきいきと取り組めない人材を見極める新たな視点を求める声に応えて。

優秀な人材を採用したはずなのに、仕事に対するモチベーションが上がらず期待通りのパフォーマンスを示してくれない。特に、「会社が自分に何をしてくれるのか」など、外から受動的に与えられる要因ばかりを重視し、それが満たされないとモチベーションが下がってしまう人材にどう対応するか苦慮している。そうした声が人事担当の方から寄せられています。高度化・複雑化した課題に取り組まなければならない現在のビジネスシーンにおいて成果を出すためには、受け身ではなく、「能動的に仕事に取り組むことに幸せを感じる力」が不可欠です。『P8』は、そうした「仕事に幸せを感じる力」を測定するために生まれました。

目的

『P8』は、入社後の活躍を左右する「仕事に幸せを感じる力」を見極めます。

近年、ポジティブ・サイコロジーの研究において、仕事に対して幸福感を抱く人は、そうでない人と比べ、長期にわたって高いパフォーマンスを発揮することが明らかになっています。ハピネス適性検査『P8』では、「仕事に対して抱く幸福感」を、「やりたい仕事ができている」や「周囲と比べて恵まれている」などの能動的に獲得した感情であると定義。その人の「仕事に幸せを感じる力」を科学的な客観性と妥当性のある方法で測定します。

特徴

『P8』は、「仕事に幸せを感じる力」を「認知」と「特性」の両面から測定します。

ハピネス適性検査『P8』では、「仕事に幸せを感じる力」を、その人が本来持つ「ポジティブ認知」(“楽観的思考”などの幸せにつながりやすいものごとのとらえ方)と「ポジティブ特性」(“創造性”などの幸せにつながりやすい特性)の視点から測定します。ヒューマネージの『A8(コンピテンシー適性検査』 『G9(コーピング適性検査)』 『W8(チーム・コミュニケーション適性検査』『T4(エンゲージメント適性検査)』などと組み合わせることで、さらに多角的な視点からより理想的な人材を選考することが可能になります。