HUMANAGE CHRONICLE HUMANAGEの取り組むチャレンジを掲載

HUMANAGE
CHRONICLE

この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。
この文章はダミーです。文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。この文章はダミーです。
文字の大きさ、量、字間、行間等を確認するために入れています。行間等を確認するために入れています。

  • year.2015サービス

    "これから"の組織のためのパーソナリティ検査「B5」

    "これから"の組織のためのパーソナリティ検査「B5」

    year.2015

    サービス2015/11/02

    多様化する現代社会の組織で働く上で、周りから信頼や尊敬を得られるパーソナリティを持ち合わせていることは不可欠です。そのような人材を妥当性のある方法で見極めたい、という時代のニーズに受けて、ベーシックパーソナリティ検査『B5』は誕生しました。ビックファイブ理論に基づいた5つの性格特性に加え、成果を阻害する恐れのある要因(ディレールメント)を科学的に測定することで、組織で働く際のパーソナリティの予見が可能になりました。当社が提供する他の適性検査とも複合的に組み合わせることで、多角的な視点のもとさらなる採用効果向上に貢献しています。

  • year.2002サービス

    ストレス耐性を予見する適性検査『G9』誕生

    ストレス耐性を予見する適性検査『G9』誕生

    year.2002

    サービス2002/04/01

    入社3年で3割の大卒者が自発的に退職する――そのような厳しい現実の中で、辞めない人材を確実に見極めたいというニーズに応えるべく、コーピング適性検査『G9』は生まれました。同じ境遇に置かれても人によって生じるストレス反応が異なるのは、「コーピング」すなわちストレスに対処する行動特性が違うからだと考えたわたしたちは、このコーピングを科学的に測定し、将来のストレス耐性を予見することによって、厳しいビジネス環境下でも長く活躍してくれる社員の見極めを可能にしました。これからもヒューマネージは、ストレスに強い人材の積極的な採用をサポートしてまいります。

  • year.2000サービス

    成果創出能力で人材を評価する『Another8』リリース

    成果創出能力で人材を評価する『Another8』リリース

    year.2000

    サービス2000/04/01

    当社は2000年にコンピテンシー適性検査『Another8』をリリースしました。従来の「頭が良い=能力が高い」という考え方ではなく、「実際に成果をあげたかどうか」で応募者を見る"コンピテンシー"という概念は、当時の日本ではまだ馴染みがなかったため、それまでのアセスメントツールのコンセプトとは一線を画すものでした。しかし、当時のお客様からの「この会社はひょっとするとアセスメントを変えるかもしれない」という期待をも背負いつつ、リリース以降、大手企業を中心に1,000社以上で導入されています。保有能力ではなく発揮能力で評価する本ツールにより、今後も成果を生み出す人材の採用に繋げていきます。




  • year.1998サービス

    業界初・マイページ機能を有した採用管理システム「i-web」

    業界初・マイページ機能を有した採用管理システム「i-web」

    year.1998

    サービス1998/04/01

    採用管理システム『i-web』は、1998年に業界で初めてマイページ機能を有した選考管理システムとしてリリースされました。当時のマイページは手続きの効率化を目的としていましたが、インターネットによる就職活動や採用業界の変化に伴い、現在では企業と応募者のOne to Oneのコミュニケーションをサポートするプラットフォーム的存在となりました。応募者満足の向上はもちろんのこと、科学的なデータに基づく働きかけによって戦略的な採用広報や効果検証を行うことが可能です。『i-web』は11年連続導入シェア第一位の新卒採用向け採用管理システムとして、きょうも応募者と企業を結ぶ窓口を担っています。